茅葺屋根の国内屋敷における、板張りのところの事象

この世、住宅に取り入れられている間取りは、洋室が多くなりましたが、板張りの場所は茅葺屋根の日本住居にもありました。

昔の住宅は、半が土間といっても過言ではなく、残りの半は畳敷きになっていました。前面に面して広間や仏間があり、徐々に裏へ行くに従い、居留余剰が拡がるというイメージもみられました。そのなかで、食事をする空白が板張りになっていました。といっても、イス卓ではなく、座テーブルを囲んで正座して食べる格式でした。

もちろん、板張りの場所は、昨今主流になっているフローリングという食材とは違って、なかなかごつくできていました。また、我が家のなかでは日当たりが悪い場所にあったことも関係してか、冬季は寒く感じたのを思い起こします。

勉強の講堂の場所も硬い結果、体育の領域で転んで膝を打つといった、赤く達するなどの問題もありました。私の通っていた中学の講堂もそうでしたが、体育館の場所はつくりが違う結果、態度なかったのかもしれません。

因みに、ハイスクールも講堂として体育の領域が行われていました。それだけに、体育館ができてからは、場所の使い勝手に驚いたことを思い起こします。肝臓の数値γ-GTPの基準値は?